無料テンプレートはこちらからダウンロードページ

ネットワークエンジニアへの就職・転職を志望している方へ|具体的なポイントを業界関係者が徹底解説

ネットワークエンジニアへ転職
  • URLをコピーしました!

この記事ではネットワークエンジニアへの就職・転職をお考えの方に、ネットワークエンジニアの具体的な内容を解説していきます。

この記事を読んでいただき、読者の方が少しでも前向きに歩んでいただければ幸いです。人生は一度きりですので、後悔しないための道をしっかりと選んでいきましょう!

の記事を読んで理解できること

  • ネットワークエンジニアという仕事の特徴
  • ネットワークエンジニアのメリット・デメリット
  • ネットワークエンジニアになるために必要な事
目次

ネットワークエンジニアへ就職・転職した方が良い人&しない方が良い人

ネットワークエンジニアに向いてる人

ネットワーク技術に興味がある

ネットワークやサーバー、ストレージ、クラウドなどのインフラストラクチャーに関する知識が求められます。そのため、ネットワーク技術に興味があり、自己学習に取り組む姿勢がある人は、ネットワークエンジニアに向いています。自己学習によって新しい技術やツールを学び、自分の知識をアップデートできるため、常に最新の知識を持つことができます。

論理的思考力がある

問題解決において論理的思考力が必要です。ネットワークに問題が発生した場合、その原因を特定し、適切な解決策を提供する必要があります。論理的思考力がある人は、問題発見・原因分析・対策策定のスキルが求められるネットワークエンジニアに向いています。

コミュニケーション能力がある

ユーザーや上司、同僚とのコミュニケーションが求められます。また、自分のアイデアや提案をうまく伝えることが重要です。コミュニケーション能力がある人は、ネットワークエンジニアに向いています。コミュニケーション能力がなくてもネットワークエンジニアになることはできますが、コミュニケーション能力を向上させることで、業務の効率化や成果の向上につながります。

\この仕事に興味がある方は!/

責任感が強い

業務上で大切なシステムやネットワークを担当することがあります。そのため、責任感が強く、ミスを防ぐための十分な注意力がある人が向いています。また、システムやネットワークが正常に稼働しているかどうかを常に確認し、必要に応じて改善策を提供することが必須となります。

チームプレイができる

チームで働くことが多いため、チームプレイができる人が向いています。プロジェクトに参加し、協力して仕事を進めることが求められます。また、他のチームメンバーからフィードバックを受け取り、改善点を取り入れることも重要です。

ストレスに強い

システムのトラブル発生時には、迅速に対応しなければならず、多忙な状況に置かれることがあります。そのため、ストレスに強く、冷静に対応できる人が向いています。また、ユーザーからのクレームやトラブル解決のための対応など、ストレスを抱える状況が多いため、ストレスマネジメントのスキルを持っていることも重要です。

英語力がある

グローバルな企業や顧客と取り引きをすることがあります。そのため、英語力が必要とされる場合があります。特に、ベンダーから提供されるマニュアルや技術書など、専門知識を得るためには英語力が必須です。

以上のように、ネットワークエンジニアに向いている人は、ネットワーク技術に興味があり、論理的思考力やコミュニケーション能力、責任感、チームプレイ能力、ストレスに強い性格を持ち、英語力があることが望ましいです。ただし、すべての要素を満たしていなくても、熱意と向上心を持って学び続けることで、ネットワークエンジニアとして成長していくことが可能です。

\この仕事に興味がある方は!/

ネットワークエンジニアに向いてない人

テクノロジーに興味がない人

コンピューターシステムやネットワーク技術に関する深い知識が必要です。したがって、テクノロジーに興味がない人は、長時間にわたる複雑な問題を解決するために必要なスキルを身に付けることができません。ネットワークエンジニアとして働くには、コンピューターシステムやネットワーク技術に対する熱意が必要です。

論理的思考力がない人

トラブルシューティングや問題解決に論理的思考力が必要です。システムの障害が発生した場合、それを正確かつ迅速に特定し、対処するためには、論理的思考力が必要です。論理的思考力がない人は、問題を解決するための適切な方法を見つけることができず、ネットワークエンジニアとして働くことは困難です。

責任感がない人

企業やユーザーから信頼されることが求められます。また、ネットワークエンジニアは、システムの障害が発生した場合、責任を持ってそれを解決する必要があります。責任感がない人は、システムの障害を解決することができず、チーム内で信頼されることができません。また、企業からも信頼を得られず、ネットワークエンジニアとしてのキャリアを積むことはできません。

\この仕事に興味がある方は!/

コミュニケーション能力が低い人

チームで働くことが多く、プロジェクトを進めるためには、チーム内での効果的なコミュニケーションが必要です。また、ユーザーとのコミュニケーションも重要です。コミュニケーション能力が低い人は、チーム内でのコラボレーションやユーザーとのやり取りにおいて問題が生じることがあります。ユーザーからの問い合わせや要望に対して、分かりやすく丁寧に説明することができない場合は、ユーザーから信頼を失うことになります。

セキュリティに対する意識が低い人

企業のセキュリティを担う重要なポジションです。企業にとっては、情報漏洩やシステム攻撃などのセキュリティ問題は大きな損失につながります。ネットワークエンジニアは、システムの脆弱性を特定し、セキュリティを向上させるための対策を講じる必要があります。セキュリティに対する意識が低い人は、重要なセキュリティ問題を見落とす可能性があり、企業にとってリスクとなります。

継続的な学習意欲がない人

テクノロジーは常に進化しており、ネットワークエンジニアは最新の技術やセキュリティの知識を継続的に学習し、更新する必要があります。継続的な学習意欲がない人は、業界の最新動向に対応することができず、キャリアの成長や企業からの信頼を失う可能性があります。ネットワークエンジニアとして働くには、常に新しい技術やセキュリティの知識を習得し、アップデートする意欲が必要です。

上記の内容を読んで自分に合っていないと思った場合は他の職種を探してみても良いかもしれません。

ネットワークエンジニアへ就職・転職したい方のおすすめIT系転職サイト・エージェント

複数の転職サイトに登録するがベストです!求人情報の範囲が広がり、応募先企業の多様性が増えます。それに伴い自身の条件に合った求人(待遇面や環境など)が見つかる可能性が高くなるからです。転職サイトに登録する事は、自分自身のキャリアアップを目指すうえで有効な手段の一つなので、下記におすすめの転職サイトを掲載したので参考にしてみてください!

1.@PRO人

おすすめ度:★★★★★

@PRO人 では、業界関係者のアドバイザーが、自身の希望をききながら、厳選された企業を無料で選定してくれます。また、短絡的なキャリアではなく長期的なキャリアの構築してくれるため、安定したキャリアプランが描けると思います。

公式サイトはこちら(登録無料)】

@PRO人の口コミ評価

30歳女性の場合(IT業界)

希望の転職先をなかなか得る事ができず、気持ちが落ち込んでいるときにご相談にお伺いしましたが、「希望通りの仕事はあります。あきらめずに楽しんで活動しましょう!」と、力強い応援をしてくださり、本当に心強かったです。条件交渉などもかなりがんばっていただき、しっかりと私一人に対して、熱い気持ちでぶつかっていただけていたのが印象的でした。

出典元:@PRO人】
30歳男性の場合(WEB業界)

他社エージェントでは大量の求人票を渡され、多くの企業への応募を進められました。転職サイトで求人を探すのと変わらない、と感じてしまっていましたが、PRO人では、しっかりと私の話を聞いた上で、多数の求人から納得感のあるお勧め企業をご提案いただけたと感じました。コンサルタントの企業や技術への理解も一番よく、次の機会があればまた相談したいと思っています。

出典元:@PRO人】

2.キッカケエージェント

おすすめ度:★★★★★

【キッカケエージェント】 では、IT業界に精通した少数精鋭のアドバイザーが、エンジニアの希望をヒヤリングしながら転職について的確なアドバイスをしてくれます。企業とも連携が取れており、エンジニアにとって最高マッチングを提供してくれます。

【IT/Webエンジニア特化の転職支援サービス】

3.社内SE転職ナビ

おすすめ度:★★★★★

【社内SE転職ナビ】では、IT業界に精通したコンサルタントが、自身の希望に沿ったキャリアプランの提案してくれます。社内SE案件数では業界トップで幅広い職種から選ぶことができます。面談の種類も3つ用意しており、ユーザーに合わせた対応をしてくれるのも魅力です。

公式サイトはこちら(登録無料)】

転職サイトやエージェントは、多数の求人情報にアクセスできることやキャリアアドバイスの提供、スピーディーな求人紹介、面接対策や交渉支援の提供、そして無料で利用できることが挙げられます。これらの利点により、自分に合った求人を見つけやすくなったり、転職活動を効率的に進めることができます。

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークの基礎知識

TCP/IPプロトコル、OSIモデル、ネットワークトポロジー、ネットワーク機器などの基本的なネットワーク知識を持つ必要があります。これらの知識は、ネットワークの理解を深め、問題を特定し、解決策を提供するために必要です。

ルーティングとスイッチング

ルーティングとスイッチングは、ネットワークの基本的な機能です。ネットワークエンジニアは、ルーティングとスイッチングについて深い理解を持ち、適切な設定やトラブルシューティングを行うことが必要です。ルーターやスイッチなどのネットワーク機器を設定したり、ルーティングプロトコル(OSPF、BGPなど)を設定したりする必要があります。

セキュリティ

ネットワークのセキュリティに関する知識を持つ必要があります。ファイアウォール、VPN、IDS/IPSなどのセキュリティ対策技術について理解し、設定やトラブルシューティングができることが望まれます。また、脆弱性管理やペネトレーションテストの経験があるとより望ましいです。

ワイヤレスネットワーク

ワイヤレスネットワークは、近年ますます重要性が高まっています。ネットワークエンジニアは、ワイヤレスネットワーク技術について理解し、設定やトラブルシューティングができることが必要です。ワイヤレスネットワーク機器の設定、トラブルシューティング、セキュリティ管理、パフォーマンス改善などを行う必要があります。

クラウド技術

クラウド技術は、現代のネットワークにとって不可欠な要素です。ネットワークエンジニアは、AWS、Azure、GCPなどのクラウドプロバイダーについて理解しましょう。クラウドプロバイダーのサービスや機能について理解し、ネットワークをクラウド上で構築し、管理するためのスキルが必要です。また、クラウド上でのセキュリティ、可用性、パフォーマンスなどの問題を解決するために、適切な設定やトラブルシューティング能力も必要です。

プログラミング

プログラミングのスキルは、ネットワークエンジニアにとってますます重要になっています。プログラミングによって、ネットワーク機器の自動化やネットワーク管理の効率化が可能になります。ネットワークエンジニアは、Python、Perl、Ruby、PowerShellなどのスクリプト言語を使って自動化スクリプトを作成し、APIを使ったネットワーク自動化にも対応する必要があります。

プロジェクト管理

プロジェクト管理スキルを持つ必要があります。大規模なネットワークプロジェクトを実行するためには、計画、予算管理、リソース管理、スケジュール管理、コミュニケーションスキルなどが必要です。プロジェクトマネジメントスキルを持つことで、プロジェクトを成功に導くことができます。

これらのスキルを持つことで、ネットワークの設計、構築、管理、トラブルシューティング、自動化などの様々なタスクを効果的に実行できるようになります。

\この仕事に興味がある方は!/

ネットワークエンジニアの1日スケジュール(例)

ネットワークエンジニアのスケジュールの一例を紹介します。

時間帯業務内容
9:00 – 9:30メールやチャットなどのコミュニケーションツールで前日の進捗状況を確認
9:30 – 10:00ネットワークシステムの稼働状況をチェックし、トラブルがあれば対応
10:00 – 10:30データセンターやネットワーク機器の電源や温度などをチェックし、問題があれば修正
10:30 – 12:00ネットワーク機器やシステムのアップデートやメンテナンスを実施、ネットワーク機器の設定変更やトラブルシューティングを行い、プロジェクトの会議に出席し、進捗状況や問題点などを報告
12:00 – 13:00昼休みは、同僚とランチをしたり、リフレッシュするために散歩をするなど、リラックスする時間を過ごす
13:00 – 15:00引き続きネットワーク機器の設定変更やトラブルシューティングを行い、ネットワークセキュリティの監視や脅威対策を実施、システムの性能改善やネットワークの最適化を行い、トラブルが発生した場合は、原因を調査し、解決策を提案・実施
15:00 – 17:00プロジェクトチームとの打ち合わせを行い、ネットワークシステムの稼働状況を確認し、問題があれば対応、残りのタスクを整理し、翌日のスケジュールを立てる
17:00 – 18:00メールやチャットなどのコミュニケーションツールで次の日の予定やタスクを確認
18:00 – 20:00必要に応じて、緊急のトラブル対応を行う
※あくまでも一例であり、実際の業務内容や職場によって異なります。

WEB・IT業界向けの転職サイト・エージェント比較表

サービス名@PRO人キッカケエージェント社内SE転職ナビ
運営会社株式会社エスアイイー株式会社キッカケクリエイションアイムファクトリー株式会社
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★★
料金無料無料無料
対象首都圏のITエンジニアIT/Web系エンジニアの経験者男女エンジニア(20.30.40代)
エリア首都圏全国関東圏
特徴IT職種・業界に特化IT人事YouTuberのモローがプロデュース社内SE特化
公式サイト

日本のIT人材需給の状況

日本のIT業界においては、急速な技術進歩や多様化に伴い、優秀なIT人材の需要が高まっています。より多くの優秀なIT人材を確保し、多様化するニーズに対応するためには、企業や政府、教育機関が協力して、より良い環境を整える必要があるでしょう。

IT 人材供給の試算結果

計算式と前提に基づいて試算されたIT 人材供給(数)の年次推移は図 3-6 のとおりである。新卒人材(IT 人材としての新卒就職者数)の増加に伴い、IT人材数(供給)は2030 年まで増加傾向となり、2030 年のIT 人材数は、2018 年から10.2万人増の113.3 万人となる。平均年齢は、直近では微増傾向となるが、IT 市場への新卒人材の増加に伴って40 歳付近で横ばい傾向となり、2025 年以降は微減傾向を示す。

IT 人材数(供給)の推移

(出所)2015 年は国勢調査による、2016 年以降は、試算結果をもとにみずほ情報総研作成IT 人材の年齢分布をみると、2015 年には35~39 歳の割合が最も高いが、2020 年には、40~44 歳の割合が最も高くなり、30~34 歳の割合が11.2%まで低下する。また、50~54歳の割合は11.7%、55 歳~59 歳の割合が8%を超える。2030 年には、新卒人材のIT への流入に伴い、若手IT 人材の割合が増加し、25~29歳及び30~34 歳の割合が最も高くなる。他方、50~54 歳の割合も高く、2 つのピークを持つ年齢分布になると試算される。

出典元:経済産業省
この記事のまとめ

ネットワークエンジニアの仕事はこれからの時代に必須な仕事になります。人材も足りない職種になるので様々なチャンスをつかめると思います。この記事を読んで少しでも興味が湧いた方は是非ともネットワークエンジニアへの就職・転職を検討してみてください!最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次