無料テンプレートはこちらからダウンロードページ

食品製造工場への就職・転職を志望している方へ|具体的なポイントを徹底解説

食品製造業へ転職
  • URLをコピーしました!

この記事では食品製造工場への就職・転職をお考えの方に、食品製造工場の具体的な内容を解説していきます。

この記事を読んでいただき、読者の方が少しでも前向きに歩んでいただければ幸いです。人生は一度きりですので、後悔しないための道をしっかりと選んでいきましょう!

の記事を読んで理解できること

  • 食品製造工場という仕事の特徴
  • 食品製造工場のメリット・デメリット
  • 食品製造工場で働く為に必要な事
目次

食品製造工場へ転職した方が良い人&転職しない方が良い人

食品製造工場に向いてる人

生産ラインでの作業経験がある人

製品を生産するために機械化された生産ラインが使用されます。そのため、生産ラインでの作業経験がある人は、工場での仕事に適応しやすく、効率的に作業できます。例えば、生産ラインでの品質管理や設備メンテナンスの知識や経験があると、工場での仕事に役立ちます。

衛生管理に対する意識が高い人

衛生管理が極めて重要です。衛生基準を守らないと、製品の品質や安全性が損なわれ、健康被害を引き起こす可能性があります。そのため、衛生管理に対する意識が高く、清潔な環境で働ける人が向いています。例えば、手洗いや消毒、清掃などの基本的な衛生管理の知識や経験があると、食品製造工場で働くことができます。

チームワークを大切にする人

製品を生産するために複数の人々が協力して作業します。そのため、チームワーク能力が高く、コミュニケーションスキルに優れた人が向いています。例えば、生産ラインの作業員や品質管理担当者、設備メンテナンス担当者など、様々な職種の人々と協力して製品を生産する必要があります。

柔軟性がある人

製品や生産ラインの急な変更が発生することがあります。例えば、原材料の欠品や新しい製品の開発などです。そのため、柔軟性が高く、変化に適応できる人が向いています。例えば、新しい製品や新しい生産ラインに対応するために、短期間で新しい技術や作業方法を学ぶ必要があることがあります。

安全意識が高い人

機械化された生産ラインが使用されています。そのため、機械の操作方法や安全基準を守らないと、怪我や事故が発生する可能性があります。従業員は、機械の操作方法や安全基準を熟知し、常に安全を確保するように努める必要があります。

\この仕事に興味がある方は!/

食品製造工場に向いてない人

清潔好きではない人

製品の品質を保つために、生産設備や作業場、従業員の衛生管理が必要です。清潔好きでない人は、これらのルールに従うことが苦手である可能性があります。また、食品製造工場では、汚染や異物混入が発生すると、大量の製品を回収することになります。そのため、衛生管理に関して厳しいルールがあります。清潔好きでなければ、このような環境に適応できない可能性があります。

面倒見が悪い人

製品の品質を保つために、生産ライン上で機械のメンテナンスや清掃を行う必要があります。また、生産ラインには多くの部品が組み合わさっていますので、それらを組み立てる作業もあります。従業員は、自分が担当する機械や製品の状態を常にチェックし、トラブルが発生した場合には早急に対処する必要があります。面倒見が悪い人は、このような状況に適応できない可能性があります。

繰り返し作業が苦手な人

生産ライン上で機械や製品を加工する作業が繰り返し行われます。同じ作業を何度も行うことになるため、モノトーンな作業になり、集中力や忍耐力が必要になります。また、生産量が多い場合には、繰り返し作業を長時間行う必要があるため、肉体的な疲労が蓄積されやすくなります。繰り返し作業が苦手な人は、このような環境に適応できない可能性があります。

高いストレス耐性が必要な人

生産スケジュールに応じて生産量が変動することがあります。また、製品の品質管理には非常に高い精度が求められます。そのため、従業員は、ストレスに耐える能力が必要です。高いストレス耐性が必要な人でなければ、このような環境に適応できない可能性があります。

上記の内容を読んで自分に合っていないと思った場合は他の職種を探してみても良いかもしれません。

食品製造工場へ就職・転職したい方のおすすめ工業系転職サイト・エージェント

複数の転職サイトに登録するがベストです!求人情報の範囲が広がり、応募先企業の多様性が増えます。それに伴い自身の条件に合った求人(待遇面や環境など)が見つかる可能性が高くなるからです。転職サイトに登録する事は、自分自身のキャリアアップを目指すうえで有効な手段の一つなので、下記におすすめの転職サイトを掲載したので参考にしてみてください!

1.コウジョウ転職

おすすめ度:★★★★★

コウジョウ転職』では、学歴不問・未経験でも正社員で働くまでサポートしてくれます。また、寮や社宅も完備しているので夫婦やカップルで一緒に働きながら住むことも可能です。さらに高待遇の案件もあるので安定的な収入を得ることが可能です。

工場・製造業専門転職サイト コウジョウ転職

2.コウジョブ

おすすめ度:★★★★★

https://koujob.com/

【コウジョブ】では、様々の種類の工場・製造系の求人を取り揃えています。自身の希望に合う求人が見つかりやすくとても便利な求人サイトになっています。工場・製造系の仕事を探している方は一度サイトを覗いてみる事をおすすめします!

工場・製造業専門転職サイト コウジョブ

転職サイトやエージェントは、多数の求人情報にアクセスできることやキャリアアドバイスの提供、スピーディーな求人紹介、面接対策や交渉支援の提供、そして無料で利用できることが挙げられます。これらの利点により、自分に合った求人を見つけやすくなったり、転職活動を効率的に進めることができます。

食品製造工場の平均月給額

職種や経験年数、地域や工場の規模などによって大きく異なります。以下は、一般的な職種の平均月給をいくつか紹介します。

  • 生産ライン作業員:20万円から30万円程度 ・製造スタッフ:20万円から35万円程度リスト
  • 技術職(製造、機械、電気):30万円から50万円程度リスト
  • 品質管理・保証スタッフ:30万円から50万円程度スト
  • 生産管理・計画スタッフ:35万円から60万円程度
  • 研究開発スタッフ:40万円から70万円程度
  • 管理職:50万円から100万円以上

また、契約形態によっても異なります。正社員の場合は、年間の賞与や昇給、退職金制度がありますが、アルバイトや派遣社員の場合は、賞与や昇給が少ない、またはない場合があります。ただし、アルバイトや派遣社員でも正社員への登用がある場合もあります。

なお、食品製造工場では、労働時間によっては残業代が支払われる場合があります。また、深夜勤務や休日勤務によっては割増賃金が支払われる場合があります。

\この仕事に興味がある方は!/

食品製造工場の1日スケジュール(例)

笑顔
笑顔

食品製造工場のスケジュールの一例を紹介します。

時間帯業務内容
5:00 – 6:00朝一番に従業員が工場に入り、身だしなみや衛生面に配慮した服装に着替えます。また、必要な機器や道具を準備し、製造ラインの点検を行います。
6:00 – 7:00従業員たちは、生産ラインでの製造作業に入る前に、朝のミーティングを行います。このミーティングでは、前日の製造作業の振り返りや、当日の生産計画や品質目標などについて話し合います。その後、製品の準備作業や、製造ラインの機械点検や清掃作業を行います。
7:00 – 9:00製造ラインでの製造作業が本格的にスタートします。従業員たちは、製造ラインで機械を操作しながら、製品の製造や加工作業を行います。同時に、品質管理やトラブル対応なども行います。製品に問題があった場合は、すぐに対処し、原因を究明して改善策を検討します。
9:00 – 9:30午前中の製造作業の終了後、従業員たちは休憩を取ります。この時間を利用して、食事やトイレ休憩、体を伸ばすためのストレッチなどを行います。
9:30 – 12:00午前中の製造作業が再開されます。製品の製造や加工作業を行いながら、品質管理やトラブル対応などを行います。
12:00 – 12:30昼休憩を取り、従業員たちは休憩室で食事や休息を取ります。
12:30 – 14:00従業員たちは、食事後のリフレッシュや休息を取り、また、製造ラインや機械の点検、清掃、製品の準備作業などを行います。
14:00 – 16:00午後の製造作業が始まります。製品の製造や加工作業を行いながら、品質管理やトラブル対応などを行います。
16:00 – 16:30午後の製造作業終了後、従業員たちは休憩を取ります。この時間を利用して、食事やトイレ休憩、体を伸ばすためのストレッチなどを行います。
16:30 – 18:00製造作業が終了した後は、製造ラインや機械の清掃作業や点検作業、製品の梱包・出荷準備などを行います。製造ラインの清掃作業は、非常に重要な作業で、清潔な状態を保つことが食品の安全性を守るために必要です。
18:00 – 19:00製造作業が終了した後は、日報の作成や報告書の作成、当日の製造作業の振り返りなどを行います。また、次の日の製造計画や品質目標の確認、機械のメンテナンスや補充品の準備なども行います。
19:00 – 20:00製造作業が終了し、日報や報告書の作成などが終了した後は、従業員たちは工場を出るための退場作業を行います。身だしなみの確認や荷物の整理を行い、帰宅します。

日本の製造業就業者数及び雇用者の動向

製造業は、日本の中心的な産業の一つであり、多くの人々に雇用を提供しています。しかし、近年、製造業の就業者数は減少傾向にあります。今後も自動化やグローバル化、環境問題など、様々な課題に直面することが予想されます。企業や政府は、これらの課題に対応しながら、より持続可能で、高付加価値な製品を生み出し、人材育成や雇用創出にも取り組む必要があります。

製造業就業者数推移

国内の製造業就業者数については、2002年の1,202万人から2019年には1,063万人と、20年間で11.6%減少しており、全産業に占める製造就業者の割合も2002年の19.0%から2019年の15.8%に減少している(図212-1)。さらに、製造業の若年就業者数についても、減少が続いているが、近年の好景気に伴い、2015年からやや増加傾向である(図212-2)。もっとも、新型コロナウイルス感染拡大による経済・雇用への影響については、今後注視していく必要がある。

備考:2011年は,東日本大震災の影響により、補完推計値を用いた。分類不能の産業は非製造業に含む。

資料:総務省「労働力調査」

製造業における若年就業者(34歳以下)の推移

備考:2011年は,東日本大震災の影響により、全国集計結果が存在しない。分類不能の産業は非製造業に含む。

資料:総務省「労働力調査」

産業全体、製造業における外国人労働者の推移

製造業における外国人労働者数は、平成27年には295,761人であったが、令和元年では483,278人と、5年間で約1.6倍となっており、産業全体においても、同様に増加傾向となっている

資料:①厚労省職業安定局「外国人雇用状況」の届出状況 ②法務省「特定技能在留外国人数の公表」

備考: ・製造業は、産業全体の内数である。 ・①は各年10月末現在の状況である。 ・特定技能在留外国人は、令和元年12月末時点の特定技能1号在留外国人の数を表す。

出典元:経済産業省
この記事のまとめ

食品製造工場の魅力は、安定した雇用、多様な職種、チームワーク、感謝される仕事、スキルアップの機会があることです。食品は人々の生活に密接に関わっているため、仕事にやりがいを感じることができます。また、食品製造は常に改良や改善が求められる分野であるため、自己研鑽やスキルアップの機会も豊富にあります。この記事を読んで少しでも興味が湧いた方は是非とも食品製造工場への就職・転職を検討してみてください!最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次